イベントレポート

2017.12.15
インターナショナル・オリーブ・カウンシル(IOC)副事務総長が香川県庁を表敬訪問

香川県でパネルトレーニングを実施するにあたり、IOCから副事務総長のハイメ・リージョ(Jaime Lillo)とプロモーション責任者のエンデル・グンドゥス(Ender Gunduz)が来日しました。2017年12月15日には、高松市の香川県庁を訪れ、西原義一副知事を表敬訪問。パネルトレーニングへの感謝の意を表し、今後、香川県が日本のオリーブオイル品質向上のリーダーとなることへの期待を伝えました。

また同日午後には小豆島を訪れ、小豆島のオリーブゆかりの各所を視察しました。

香川県副知事を表敬訪問

IOC事務総長来島時の記念植樹を見学。オリーブ公園にて

地元TV局の取材を受けるハイメ・リージョ

小豆島オリーブ協会植松勝太郎会長(左)を訪問。右から、エンデル・グンドゥス、ハイメ・リージョ、ウエンセスラオ・モレダ・マルティノ博士

オリーブ公園で小豆島のオリーブ原木を見学。小豆オリーブ研究所柴田氏(左)と。

一覧ページへ戻る

PAGE UP